【レポート】Iniesta’s Methodology Campus 2021 Spring

イニエスタ メソドロジーでは、日々のスクール以外にも、我々が大切にしているトレーニングメソッドや価値観をより多くの子供達に伝えるため、短期集中のキャンプも国内各所で実施しています。今年の3月〜4月にかけて、イニエスタ メソドロジーとしては初の春季のキャンプを実施いたしましたので、その模様をお伝えいたします。当レポートを通して、より多くキャンプの雰囲気や魅力をお伝えできればと思います。次回のキャンプ参加を検討するうえで参考にしていただければ幸いです。 判断力やチームプレーを身につけるトレーニング  この写真はフアンコーチが選手に対してピースサインをしている訳ではありません。これはイニエスタ メソドロジーでもお馴染みのウォーミングアップに行われるトレーニングで、選手は足元のラダーでフットワークを鍛えつつ、顔を上げる練習も行います。選手は瞬時に変わるコーチ陣の指の数を確認し、声に発します。 イニエスタ選手の様に、プレーをしながら状況を瞬時に判断して、適切なプレーを選択するには、ボールばかり見ていてはいけません。そのため、コーチ陣からはトレーニング時は常に「顔を上げて!」という声がピッチ上に響きます。(スペイン人コーチも日本語で発しています)  イニエスタ メソドロジーの多くのトレーニングはチームワークをベースとしているものです。3人〜5人のチームに分かれた技術を競うゲームをすることで、「チームで」勝負事に挑み、勝敗を経験することを学びます。もちろん、勝ったチームには全力で喜ぶことを促し、負けたチームにも勝利チームを称えることを教えます。イニエスタ選手も自身が活躍した際にはサポートしてくれたチームメイトを褒めますし、逆にチームメイトが活躍した時には、自分のことのように喜びます。 サッカーに活かせる講義の数々  キャンプでは屋外のトレーニングの他にも、教室で講義も行われます。スプリングキャンプではこの講義の時間を使って、イニエスタ選手の生い立ちやサッカーのシューズについてフアンコーチが話しました。シューズの話のあとには、実際にイニエスタ選手が履いたスパイクを参加した子どもたちが手に取ってみることができ、どのように特別なのかを理解してもらうことができました。  また、講義ではトレーニングと同様に、チームワークを大切にしています。それぞれ年齢の異なる子どもたちを含めたグループに分け、ディスカッションや発表をしてもらう時間も設けました。サッカーにも繋がるような意見の主張や協調性、他グループからは全く違う視点からのインプットなど、この時間を通して身につけてもらえたら嬉しいです。このような活動も行うことによって、開会式の時は緊張して静かだった教室も、2日間のキャンプが終わる頃には、新しい仲間も増え、生き生きとした雰囲気となっていました。 イニエスタ選手との触れ合い  イニエスタ選手はいつもスクールやキャンプのことを気にかけています。物理的、スケジュール的な制限がなければ、全てのキャンプに顔を出すでしょう。 スプリングキャンプでは、愛知や千葉会場でもイニエスタ選手と触れ合う機会がありました。参加者全員がイニエスタ選手への質問を考えましたが、コーチ陣が先行し、特別に何名かがビデオ通話を通して直接質問を聞くことができたのです。イニエスタ選手も一つひとつの質問に真摯に回答してくれ、子どもたちは真剣に聞いていました。  大阪会場では、神戸から近いということもあり、イニエスタ選手が直接来場してくれました。各グループの最後のミニゲームを観察していましたが、子どもたちはゲームに夢中なあまり、トレーニングが終了するまで彼の存在に気付いていませんでした! トレーニングが終わると、子どもたちとハイタッチや集合写真を通して触れ合い、最後は一人ひとりに参加賞のメダルなどを手渡しました。イニエスタ選手のスケジュール次第のため、必ず来場するということは約束できないのですが、キャンプではこのような機会をなるべく提供できるように調整しております。 楽しむことが一番  イニエスタ メソドロジーのキャンプでは今回ご紹介した通り、2日間でたくさんのトレーニングと講義の時間を設けています。少しでもこの期間を通して子どもたちには成長してほしいですし、普段通っているスクールに持って帰っていけるものを提供できれば、と考えています。 ただし、全てをこなしても、全員が楽しんでいなければ意味がありません。フアンコーチをはじめ、コーチ陣は子どもたちに「楽しかった?」とトレーニングや講義、あるいは一日を終えた時に聞くことが多いです。イニエスタ選手も幼少期から長くサッカーを続けてこられたのは、サッカーを楽しめていたから、と話しています。なかなか思うように運動ができない今の時代ですが、キャンプでも普段のスクールでも、みなさんが一日の終わりに「楽しかった!」と言えていたら幸いです。 それでは、今度はサマーキャンプでお会いしましょう!HASTA PRONTO!

【受付終了】Iniesta’s Methodology Campus 2021 Summer

3月、4月のスプリングキャンプに続き、今年もイニエスタ メソドロジーのサマーキャンプの開催が決定いたしました。過去2回同様、新型コロナウイルス感染対策のため日帰りキャンプとなりますが、日本国内4会場、6日程において実施いたします。 今年の夏も、トレーニングを通して戦術、技術のみならずチームワークや規律を学び、講義を通して自分自身で考える力、仲間と協力しながら答えを導き出す力の向上を目指します。イニエスタ選手の哲学のもと、サッカーとその周りにある体験の全てを楽しみ、ともに学んでいきましょう。 <プログラムの詳細はこちら>https://iniestamethodology.jp/event/camp_2021summer < 概要 >Iniesta’s Methodology Campus 2021 Summer(1) 会場:愛知(口論義運動公園)A日程:8月5日(木)、6日(金)B日程:8月9日(月)、10日(火)(2) 会場:大阪(J-GREEN堺)A日程:8月17日(火)、18日(水)B日程:8月30日(月)、31日(火)(3) 会場:滋賀(皇子山陸上競技場)日程:8月22日(日)、23日(月)(4) 会場:千葉(市原スポレクパーク)日程:8月26日(木)、27日(金) 対象学年:1年生~6年生(U7~12)のスクール生、外部生募集人数:各会場 先着48名料金 :会員29,800円(税込)、非会員39,800円(税込) < お申込みについて >受付開始日:5月17日(月) 15:00受付終了日:・愛知(両日程)、大阪(A日程)6月4日(金)15:00・滋賀、千葉、大阪(B日程)6月18日(金)15:00全日程、キャンセル待ちを含め受付を終了いたしました。 < 注意事項 >・2日間ともに参加が必須です。(初日のみ、2日目のみといった1日のみのご参加はお受けいたしかねます)・イニエスタ選手の参加はヴィッセル神戸の試合やトレーニングのスケジュールによります。必ずしも選手の参加を確約するものではございません。 ■お問い合わせ先楽天グループ株式会社(主催・運営統括)Iniesta’s Methodology事務局電話:050-5581-1600メール:ai-methodology-office@mail.rakuten.com住所:〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島3-2-18 住友中之島ビル8F営業時間:11:00~18:30 お電話受付:14:00~18:00休業:月曜・金曜  ※年末年始、夏季休業期間を除く

指導者向け講習「Train the Trainer – Basic」実施のお知らせ

この度指導者の育成を目的としたコーチングアカデミー「Train the Trainer – Basic」を実施することとなりました。 本アカデミーはクラブチームや部活動を指導している方から、これから指導者を目指す学生、総合的にサッカーの指導に関するノウハウを身に着けたい方に向けたプログラムです。なお、受講に際し、指導関連の資格やライセンスは必要ございませんので、どなたでもご参加可能です。 < Train the Trainer – Basic(トレイン ザ トレーナー :ベーシック)概要 > ■実施スケジュール6月 4日(金)20:00~21:30 1コマ目「プランニングとトレーニングメソッド」  6月11日(金)20:00~21:30 2コマ目「フットボールテクニック」         6月18日(金)20:00~21:30 3コマ目「フットボールタクティクス」        6月25日(金)20:00~21:30 4コマ目「チームマネジメント」          ※受講者には翌日からアーカイブ配信を行います。 コーチングアカデミー受講費:22,000円(税込み) ※全4回での価格です。受講方法:オンラインにて受講をしていただきます。お申込方法:COACH UNITEDサイト内のフォームよりエントリーをお願い致します。 その他詳細・注意事項につきましては、特設サイトをご確認ください。イニエスタ選手を育てたフアン・カルロスコーチによるコーチングアカデミーTrain the Trainer – Basic(トレイン ザ トレーナー :ベーシック) (上記をクリックするとCOACH UNITEDのサイトが開きます) ■お問い合わせ先株式会社イースリー 【担当窓口】平木 宛info@coachunited.jp お申込み方法、お支払い等については上記担当者へご連絡くださいませ。※イニエスタ メソドロジー事務局へお問い合わせいただいてもお答えいたしかねます。 ご興味をお持ちの方は是非この機会にお申し込みくださいませ。 企画:イニエスタ メソドロジー運営:株式会社イースリー

Iniesta’s Methodology CAMPUS 2021 Summer 開催のお知らせ

2021年8月に大阪、滋賀、愛知、千葉にてサマープログラム 「Iniesta’s Methodology CAMPUS 2021 Summer」を開催いたします。スクール会員のみならず、現在入会されていない方もご参加いただけますのでぜひお申込みくださいませ。※先着順  概要、お申込み方法の詳細はこちらをご覧ください。

【レポート】Rakuten Cup スクール生限定スペシャルイベント

イニエスタ メソドロジーに通う生徒限定のスペシャルイベントを実施。2019年7月27日(土)ノエビアスタジアム神戸で行われましたヴィッセル神戸対バルセロナの試合のウォーミングアップを間近で見学できたり、試合後にはイニエスタ選手と触れ合うといった貴重な経験の一部をご紹介します。 プロの動き、ピッチの雰囲気を間近で感じる 手が届きそうな距離で行われる、ウォーミングアップに釘付けの子供達。 間近でプロの選手の動きを観察したり、25,000人を越えるファンが埋め尽くすスタジアムの雰囲気を肌で感じる子供達。 スクール生は、ピッチに入る時も、出る時も、きちんと1列になって移動しています。 イニエスタ メソドロジーでは、グラウンド上での質の高いトレーニングや実践経験に加え、ピッチの外での学びも重要であるとの考えや、 「サッカーはチームで行うスポーツだから、小さい頃からグループで行動するという考え方を教えたい」 という思いから、このような行動をとっています。 スクール生・保護者・コーチ、みんなで試合観戦 スタジアム内のラウンジを貸し切り、スクール生・保護者・コーチ、みんなで試合観戦。 家族やコーチとともに試合を楽しむ子供達。 J.CARLOS CALEROコーチ(フアンコーチ)から、スクール生・保護者の皆さんへ、イベント参加への感謝や意義、今スクールで子供達が学んでいること、今後の展望などについてのお話しがありました。 イニエスタ選手と触れ合う機会 イニエスタ選手に会う前のワクワク、ドキドキしている様子。 イニエスタ選手登場!試合後の貴重な時間を使って、スクール生の元へ。 イベントに参加できたスクール生みんなで記念撮影。 最後はハイタッチ 参加した選手・保護者とコーチでハイタッチ。イニエスタ メソドロジーでは、トレーニング中もゴールが決まった時などに、みんなでハイタッチをしています。それは、仲間・チームと協力すること、喜びを分かち合うこと、その大切さも伝えていきたいという思いの表れでもあります。